空を飛んでやってきた薬師様(昔話16)

 石岡市菖蒲沢の山間に素晴らしく美しい薬師堂があります。
これは徳一法師が筑波山を囲むように配した四面薬師の一つです。
ここに安置された薬師様について残されたお話です。

kodou02.jpg

 昔、鹿島の汲上浜で漁をしていた、正直者の漁師の網にズッシリとした手ごたえがあった。

漁師は嬉しくなって網をあげたところ、中に一寸八分の光り輝く仏像が入っていた。

これを家に持って帰り安置して祀った。

その夜、漁師の夢に瑠璃光薬師如来が現われ、「吾をこの国中が見渡せる西方の場所に連れていってくれ」 と言われた。

漁師は夢から覚めると直ぐに、この薬師様を背中に背負って西に向かって歩きだした。

しかし、仏像はどんどん重くなり、漁師の足取りも次第に重くなっていった。

すると背中の薬師様はこの様子を見かねて、それでは私が青龍大王を呼ぶので、その力を借りて空を飛んでいこうと言うと漁師はいつの間にか夜空に飛び上がっていた。

そして筑波山ふもとの山並みの続く岩山の頂に降り、薬師様はここだここだと言って後光を発したそうだ。

そして後に菖蒲沢桑柄山の地に村人が堂宇を建て筑波山不動院東光寺と名付け薬師様を安置したと言われている。

kodou04.jpg

(あとがき)

 この話は石岡市菖蒲沢地区に伝わる昔話で、ここには現在、筑波山四面薬師の一つといわれる「菖蒲沢の薬師」が祀られています。

話に出てく一寸八分の仏像は寸法として小さなものですが、当時の仏像もこの大きさの仏像が価値があると思われていたようです。

徳一法師が筑波山周辺に配した四面薬師はこの他に「小幡十三塚・山寺の薬師(北)、真壁・」椎尾の薬師(西)、新治・東城寺の薬師(南」があります。

この菖蒲沢は今は薬師古道として山道を整備し季節の移り変わりにもとても美しい場所です。
現在薬師堂の中には立派な堂々とした薬師仏像が安置されています。

また仏像が東の海から来たというのは、常陸国分寺の鐘が子生(かなじ)の海岸から引き上げられて運ばれたという伝説などとも共通するところです。
関連記事
石岡地方の昔話 | コメント(0) | 2014/11/02 09:59
コメント

管理者のみに表示