木比提(きびさげ)狐の恩返し(昔話21)

木比提(きびさげ)狐の恩返し:

 昔、山根の村のある人が、高浜からの帰り道に国分寺の祭りに立ち寄りました。

するとそこに、2匹の子狐がカゴに入れられて見世物小屋に売られるところに出会いました。

その人は哀れと思い、その子狐を買いもとめて木比提稲荷の森にいってカゴから逃がしてやりました。

 それから数年が経ちました。
その人はまたこの森の近くに来る用事があり、あの狐はどうしたかと思い木比提の森にまたやってきました。
すると何処からともなく、白い狐が突然現れ逆立ちして消えました。

 そして家に帰ってから夜に、お稲荷様の夢知らせがあり、翌朝夢に見たところを掘ると、一失金が一枚でてきました。
その年の秋にまた、夢知らせがあり、陸稲畑の株間に光った一失金が出てきました。
その後にも何度かお稲荷様のお告げがあり、とうとう金貨が百枚を超えてしまいました。

これが世間の評判になり、とうとうこれを聞きつけた村の人たちは我先にとこの霊験あらたかなお稲荷様に講中をつくり、二斗餅を奉納して参拝したのでした。

きびさげ稲荷

きびさげ稲荷03

(あとがき)
この木比提稲荷神社は石岡市の北東部の森にあるお稲荷さんです。
今は通りから少し外れていますので町の歴史からも忘れられた存在となっていますが、かなり大きな敷地があり府中城の鬼門の守り神として信仰を集め、また東京からも講中がありずいぶんにぎわっていたのです。

お話の山根の村というのは、今では八郷盆地と言われるエリアで、昔は山根盆地と呼ばれていました。
53もの村があったのです。

キツネが人を化かす話は各地にありますが、このように白狐が恩返しする話は古くからのお稲荷さんにいくつかあるようです。

牛久と龍ヶ崎の境にある女化ヶ原(女化神社)にも白狐の恩返しの話が伝わっています。

こちらの話は猟師に狙われていた白狐が農夫に助けられます。
そしてこの白狐が娘に化けて忠七の家に来て泊めてもらい、よく働くのでその農夫の嫁になります。

子供が3人(女・男・男)が生まれ幸せに暮らしていましたが、うっかり寝ていた時にしっぽを出してしまいそれを子供に見られて、森の中に姿を消してしまいました。

このような話と合わせて読むとまた違って見えてくるのかもしれません。
関連記事
石岡地方の昔話 | コメント(0) | 2014/12/06 22:50
コメント

管理者のみに表示