そば処「楓」

石岡は日本そば屋さんがとても多い。皆美味しい。
先週末に風土記の丘へ行った時に、公園入り口にある「曲り屋」ではなく、少し足を延ばして根小屋にある「楓(かえで)」というそば屋さんへ行ってみた。
場所は禅や写経体験もできる「泰寧寺」の脇を「そば」の旗にしたがって登っていくと少し高くなった場所に建っている。
近いのだが、知らないと少し不安になるくらい畑などの中の道を登っていく。
前にも来たことがあり、美味しかった記憶があり、一人だったが行く気になった。

kaede01.jpg

地震で屋根の瓦に少し被害があったようだが、無事に営業していた。結構お客さんも多い。
人気があるようだ。

kaede02.jpg

十割そばと二八そばをあたたかい「鴨汁」(210円)や「つけとろろ汁」(210円)などで食べるのが人気があるようである。

kaede03.jpg

店内はテーブル席が3個、座敷席が2個 17~18人くらい入れば満席だろう。
営業時間は11:00から14:30頃で、なくなり次第終了となる。
店内には朝焼けの霞ケ浦などの写真が飾ってあった。
聞いてみると「友達が提供してくれた」とのことで御主人の写真ではありませんでした。

kaede04.jpg

今回は二八そばとまいたけの天ぷらを頼んだ(1050円)。
ご主人と奥さんの二人で切り盛りしているようで、おそばも美味しい。

kaede05.jpg

この天ぷら315円と安いのにボリュームたっぷり。一人では多すぎるくらいであった。

kaede06.jpg

まいたけの天ぷらしか頼まなかったが、奥さんが「うどの葉」を天ぷらにして持ってきてくれた。
これも美味しい。満足して帰ってきた。
ここのお蕎麦は常陸秋そばを使っている。真壁にある柿沼製粉さんのものを使っているようで、そば作りが趣味の方は良く知っているところのようです。
 
スポンサーサイト



石岡(八郷地区) | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/05/19 18:37

国民宿舎「つくばね」

瀬戸井街道の記事の続きは明日朝にして、今晩は一つ紹介をさせてください。

 筑波山の石岡側へ下りる途中に「つくばね」という国民宿舎がある。
石岡からは小幡から「ゆりの郷」を通って「湯袋峠」から少し登ったところにある。

私は昔会社の仲間と泊まったことがあったが、ほとんど行っていなかった。
ただ、今日は会社が休みで八郷に蕎麦でも食べに行こうと思って出かけたが、水曜日はお休み。
それなら少し散策ついでにと車を走らせてみた。

ランチをやっているか不安であったが、午後2時までOKとのこと。

tsukubane02.jpg

八郷はしゃも(軍鶏)と思っていたが、この「いもぶた」が気になります。

tsukubane03.jpg

メニューもほとんどが「いも豚」です。餌にさつまいもを半分混ぜているそうです。

tsukubane04.jpg

でもこの国民宿舎からの眺めは最高ですね。
もう少し天気だったらもっと良かったと思いますが・・・

tsukubane05.jpg

左手の山が「関東の清水寺こと西光院」のある峰寺山。
そのとなりの向こう側に山の一番右が岩間の愛宕山です。
そのすぐ右に水戸の茨城県庁のビルが見えます。

tsukubane06.jpg

頼んだのは「いも豚焼肉定食」です。
少し食べかけて、あわてて写真をとりました。ごめん。
とても美味しいです。大正解でした。

tsukubane07.jpg

それにしてもこれだけのレストランにこの眺めなのにお客さんがおりません。
もっとも隣りからは団体さんのカラオケの歌が聞こえていました。

日帰りでお風呂も入れますが、4時過ぎだそうです。

ここは思ったより良かったですよ。そのまま筑波山の風返峠まで行き、尾根をまわって帰ってきました。
良いドライブを楽しめました。

東京・つくば方面から筑波山に登られたら、是非「まほろばの郷」八郷地区へ来てください。
朝日トンネルが完成すればぐるっとまわって帰ることができるようになります。

もう少しです。楽しみですね。
 



 
石岡(八郷地区) | コメント(8) | トラックバック(0) | 2011/08/24 19:43

茅葺屋根のお蕎麦屋-かまたや

 今日は昼に石岡市八郷地区柿岡の蕎麦処「かまたや」さんに行ったので紹介します。
ここは「茅葺屋根のお蕎麦屋さん」として知られるところだそうです。
建物は築130年程経ち、柿岡宿で商人宿をしていたそうですが、60数年前からお蕎麦屋をやっています。

kamataya01.jpg

柿岡のメイン通りに面し、商店も並ぶところで、茅葺屋根は珍しいですね。

kamataya02.jpg

蕎麦は自家製粉した常陸そば粉を湧き水で打ったものだそうです。
「ざるけんちんそば 850円」を頼みました。

kamataya03.jpg

これから寒い季節にはピッタリでしょう。
今日はまだ暑いくらいでしたので「ざる」にしましたが、キノコのたくさん入った熱々のけんちん汁に手打ちのこしこししたそばが結構いけます。

kamataya04.jpg

店内は民芸品やお相撲さんの手形サイン色紙などの他、古銭、教育勅語、地元出身の衆議院議員さんの額などが飾られていました。
お蕎麦好きの人なら一度食べて見てください。独特のコシコシ感がいいと思います。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。 
石岡(八郷地区) | コメント(10) | トラックバック(0) | 2011/10/09 16:07

ゆりの郷レストラン「紫峰」

 今日風が強かったのですが「春一番」だったのですね。
今日朝から銚子に仕事です。やっと今戻ってきました。

やはり少し疲れます。名古屋にいる息子がアメリカ出張があり、成田に今日着いたので今週末家によるそうです。
もうすぐ到着です。これで我が家も賑やかになりますね。

なにしろ普段の人口密度が少ないので、1人増えても1.5倍です。

 さて、今日は石岡市八郷地区の筑波山の麓に日帰り温泉施設「ゆりの郷」の食事処の紹介です。

この春から夏にかけてリニューアルをしていましたが、この前の日曜日の夜に行ってきました。
なぜ夜かというと、夜7時になると少し入場料が割引になるからです。

もっとも休みの日は元が1000円なので割引でも800円です。東北など温泉どころでは500円程度のところが多いのでもう少し安かったら行く回数も増えるのですが。

昼間バタバタしていて、夜になって疲れたから温泉でも行こうかということで二人して出かけました。

P2170039s.jpg

この中の食事処である「紫峰」という名前は筑波山の別名です。
リニューアル後に食事が美味しくなったという噂を聞いて一度行きましたが、今回で2回目です。

平日の朝から行ってのんびりしている方もいるようですが、まだ私の身分ではまだそこまで行けていません。
働いている人に悪いような気になってしまう貧乏性ですね。

P2170028s.jpg

温泉に入る前に食事をして、温泉に入ってから帰ります。

名物は八郷しゃも(筑波しゃも)鍋ですが、前回食べたので今回はパスです。
常陸牛もあるのですが、これくらいの値段ならこの雰囲気で食べる気にはなれないです。

P2170029s.jpg

7時半頃に行ったのですが、食事処はいっぱいで15分くらいは順番待ちでした。

P2170031s.jpg

一杯飲むのならこのしゃものささみなども美味しそうですね。

私は車だし飲みません。家でも最近は飲むのをやめています。

飲んでいると多分ブログは書いていられないと思います。とっくに中断していたと思います。

P2170034s.jpg

結局この日に食べたのは「若鶏(八郷産)のチキンカツ定食」900円です。
結構美味しかったですよ。
たしかにメニューも多く美味しいですね。

P2170035s.jpg

食事が終わってからのんびり温泉に入ります。お休みところの部屋の入り口に掲げられたおかめなどの面です。

P2170037s.jpg

ひな祭りに近いのでひな壇飾りも。

P2170036s.jpg

こちらが温泉の入口です。ここの露天風呂は気持ちがいいですよ。
筑波山や月明かりに満天の星空はとても好きな場所です。

営業時間は夜10時までです。
また今度は平日昼間に来ようかな。暇があるはずなんだけど・・・・。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。
石岡(八郷地区) | コメント(2) | トラックバック(0) | 2013/03/01 20:25

そば処「麓(ふもと)」

 娘が日本に帰って来て食べたいもの、寿司、納豆、ラーメン、卵かけご飯、明太子などと色々考えていたようだ。
そしてもう一つ「そば」があるというので赤ん坊を連れていける場所を考えて見た。

そこで思いついたのがこの「麓」というそば処です。
場所は少し不便な場所ですが、美味しいおそばでひょうばんでもあったのですが、なんといっても広い畳の座敷があるのです。

赤ん坊連れにはやはりこんなのもうれしいですよね。

前に行った大洗の寿司屋「森田水産大洗店」も赤ん坊連れに座敷に案内してくれました。
うれしいですよね。

IMG_9437s.jpg

場所は片野地区の近くで「泰寧寺」のすぐ近くです。
もう一つこの山の上に「楓」というお蕎麦屋さんがあります。こちらも美味しいです。

この麓は蕎麦好きの御主人が脱サラして始めたと聞いたことがあります。
蕎麦粉も地元産で、ここで石臼で挽いているそうです。

でも営業時間は午前11時半から午後2時までと短いので行かれる方は注意してください。
日曜日も休みの週がありますので確認してお出かけください。

IMG_9441s.jpg

こちらは「野菜天せいろ」です。

IMG_9442s.jpg

スプーンがついているので何でかなと思っていると「そばのゼリー(そば粉の入ったゼリー)」と「蕎麦湯」を持ってきました。

そばゼリーは珍しいですね。とても美味しいです。

IMG_9444s.jpg

このお店はご自宅を改造してお店にしたのだそうです。
和室もきれいでとても落ち着いた雰囲気で気持ちの良いお店です。

IMG_9445s.jpg

庭も広く、お近くに来られましたら是非お立ち寄りください。
片野といえば太田三楽斉(太田道灌の祖孫、岩槻城主であった名将)の城のあった場所です。

IMG_9446s.jpg

隣の泰寧寺は座禅や写経体験ができます(時期が決まっているようですので確認が必要です)。
また山形大弐(江戸時代の学者で勤皇思想で幕府を批判した罪で処刑された)の墓もあります。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。
石岡(八郷地区) | コメント(6) | トラックバック(0) | 2013/11/04 18:55

そば処 山居

 石岡八郷地区と土浦小町の里とをつなぐ朝日トンネルが開通して今年11月には2年になる。

今までは筑波山からの尾根道を越えてくる必要があったが車ならあっという間にいける。

この朝日トンネルの石岡側出口のすぐわきに今日紹介するそば処「山居」がある。

山小屋風の作りで前から気になっていたが先日初めて立寄った。

IMG_2377s.jpg

店の前に名前を書く紙が置かれており、満席の場合は待たされるようです。

ログハウス風の建物が新緑の木々の中に映えます。

IMG_2370s.jpg

私が訪れたのは土曜日でしたが、昼時間を少し過ぎた頃だったせいかそれほど混雑はしていませんでした。

中はテーブルが6卓程置かれた座敷と、椅子席とカウンター席があり、30名以上入れそうです。

またこの座敷の窓側外には屋外テーブルも置かれていて希望の方は外の新緑を眺めながら食事が出来るようです。

IMG_2372s.jpg

IMG_2374s.jpg
 
 天ざるそば 900円  カラッと揚がった野菜天ぷら(ナス、青菜、人参、サツマイモ、舞茸?)塩が添えられていました。

蕎麦は常陸そばです。写真は二八そば。 十割そばは割増+100円です。
大変美味しいそばです。
この山間の風情と美味しいそばですから人気が高いのでしょう。

常陸秋そばがでてくるようになったら今度は十割そばを頂きたいと思います。

IMG_2378s.jpg

店の前は峠道の旧道が走っていますが、朝日トンネルの入口がすぐ見えます。
トンネルを通ってくると少し先を旧道に入って廻ってくることになります。

石岡(八郷地区) | コメント(0) | 2014/07/09 19:33

まんまや(八郷瓦会)

 ギター文化館で風の会展をした時に昼食に二日続けて訪れました。

P6200131s.jpg

1日目は野菜天もりそば(850円)

P6200132s.jpg

蕎麦は二八。何時も美味しい。
風の会の会報を毎月置いていただきに訪れている。
御夫婦ともに気持ちが良い。

ここは築100年程の家を改造した。

P6210003s.jpg

P6210004s.jpg

P6210005s.jpg

この柱や梁は真っ黒に塗ってあったという。
また天井の梁は天板があって見え中が素晴らしいのでむき出しにしたのだそうだ。

P6210002s.jpg

P6210011s.jpg

二日目はロースカツ定食(980円)
八郷潮田ファームの もち豚使用です。

P6210014s.jpg

P6210008s.jpg

店内に飾られていた陶器は石岡市太田在住の陶芸家「梶谷胖(かじたにばん)」さん(こちら)の作品です。

石岡(八郷地区) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/07/09 17:17

ひつじの郷のカレー

筑波山の風返峠から石岡側に下りるところに「まほらばの郷へようこそ」という垂れ幕がかかっていたと思います。

国民宿舎「つくばね」を過ぎて、真壁からの峠道「湯袋峠」にでて、「ゆりの郷」
へ行く途中の坂道に「ひつじ肉料理専門店の「ひつじの郷」がある。

P7040007s.jpg

手作りのロッジ山小屋風の素敵なお店だ。

P7040011s.jpg

P7040014.jpg

メニューは羊肉のジンギスカンやロシア料理のピロシキやボルシチ。
北海道もジンギスカンは有名で普通のマトンなどと違い一度食べたら病みつきになる美味しさだとも聞いている。
そして最近値上がりがひどくて北海道も困っていて、質が落ちてきているとも・・・・

P7040015s.jpg

今回は一人で風の会の会報を配りに北条まで行く途中であり、時間のないランチなのでじっくり煮込んだカレーをいただいた。

米は古代米を使用している。
カレーもかなりいける。

お土産にピロシキを2ついただいて持って帰ってから食べた。
ロシアも何度か訪れたこともありピロシキなども食べて見たかったが今度の楽しみとしておきたいと思う。

最近土浦市のカレーフェスティバルが有名になってきたようだが、隣りの神立にある「ひつじの小屋」がひつじ肉を使ったカレーメニューを出している。
ひつじ肉をカレーに使うのは贅沢なのかも・・・

よく考えて見れば土浦より食材は石岡の方が豊富だ。
弓豚、芋豚、もち豚、筑波軍鶏(筑波と名前がついているが八郷地区だ)、蕎麦、ふくれミカン、梨、イチゴ、柿、栗に最近はチョーザメを飼育してキャビアなども出荷している。

ふるさと納税でこれだけ反響があるのだからうまく活用してもらいたいものだ。


石岡(八郷地区) | コメント(0) | 2015/07/10 20:34

まんまや蕎麦

 ふるさと風の会の2月号の会報を持って、八郷地区瓦会にある「まんまや」さんへ行ってきました。

ここにも会報をおいていただいているので、月1回のペースでお邪魔していますが、食事をいただくのは最近は2回に1回くらいでしょうか。

昼時を少し外れてしまったり、お客さんが多くて混んでいる時などは会報だけお願いしてきてしまいます。

P2060007s.jpg

ここではほとんどの場合、この「野菜てんぷらそば」(850円)をいただいています。

P2060008s.jpg

ここのお蕎麦は特に美味しいです。

P2060009s.jpg

またこの天ぷらもいつも感心していただいています。

P2060011s.jpg

石岡(八郷地区) | コメント(0) | 2016/02/12 06:37
 | HOME |